2008年12月11日

潜入15 レポート1

 これは、前回のKO組の続きである。
夕方、17時に公園でウトウトして、起きたら
      サウナに行こう
と思っていたのである。
 ジュースの缶を持ち、ウトウトしていた
      私に声をかける人間がいる。
 
      行こう
私が目を覚ますと自転車に乗り、見慣れた、
      K組の手配師
が目の前にいる。
手配師   行こう、ねぇ、行こうよ
私     いや、現金で仕事してきたところなので
(正直、この疲れではしたくなかった。)
手配師   行こう。
今回はしつこいなあ。
手配師   どこかで見たことあるなあ。
      K組来たことある?
私     知りません。
(当然嘘である。しかも2回行っている)
手配師   そう、どこかで見た気がするんだよ。
      明日、人がいるんだよな。
      行かない?
さすがにしつこいなあ。
posted by 潜入者 at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潜入15 K組 3

2008年12月12日

潜入15 レポート2

 それにしても、どうしても話しぶりから
      明日、人がいるみたいだ。
いつもトンコして申し訳ない
      罪悪感
もあり、
      明日くらい協力してあげようかな
明後日は、日曜日だしそれから
      トンコしてもいいし
正直、今の格好なら、作業服は
      会社の制服
なので借りるのは仕方がないが
      長靴を貰わなくて良いし
1日分の日当分は会社の儲けになるから
      損にはならないだろう
私自身、ここは
      漫画があって干渉されない
ので結構気に入っている。
しかし、今回の疲れは
      尋常ではない
正直、普段なら行っても良いのだが、
      今回は辞めたい
ので、手配師に
私     今日はちょっと疲れて・・・
手配師   頼むよ。
いかん、かわいそうになってきた。
posted by 潜入者 at 00:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潜入15 K組 3

2008年12月13日

潜入15 レポート3

私     行っても良いですが、契約は経験が無い
      ので嫌になったら辞めて良いですか?
手配師   まあ、15日契約だから嫌になったら
      満期で辞めたら・・・
私     ・・・
手配師   それでは着いてきて。それにしても、
      どこかで見たことあるんだよな。
私     ・・・(バレてる。)
手配師   荷物はあるの?
私     これで全部です。
手配師   足臭くないよね。
私     ??大丈夫です
手配師   風呂は毎日入って。
私     はぁ
手配師   スリッパがないんだ。ちょっと買うから
私     はぁ
手配師   ちょっと自転車を置いてくるから
手配師は文化会館に自転車を置き、
      100円ショップに行き、スリッパを買う
旨を言ってきた。
私自身は、
      昨日のKO組の手配師に会わないよう
周りを見渡しながら着いていった。
posted by 潜入者 at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潜入15 K組 3

2008年12月14日

潜入15 レポート4

 100円ショップに着く、手配師は
      スリッパを3つ
私に手渡し、自分の物も買っている。店員に
      何か意味不明なこと
を言って困らせている。正直、
      ボケ老人の世話
をしているみたいで、早く
      この場を離れたかったが
何となく、彼が
      哀れに見えて
仕方がなかった。
 彼の買い物と、スリッパを購入するとJRに乗って出発だ。
当然、いつもの
      M市である

      当然知らないふりをする。
神田に着いてみんな、乗り換えの為、急いでいる。手配師は
      年のせいか、足が悪いせいか
ゆっくり歩く。私もそれに着いていくが、
      特快は出てしまった。
手配師   こちらに乗るんだ。
手配師の行った先は
      東京行き?
呆けたのか???
posted by 潜入者 at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潜入15 K組 3

2008年12月15日

潜入15 レポート5

私     これは東京行きでM市とは反対では?
手配師   大丈夫
私     ??(早く、寮に行って眠りたいのに)
東京に着くと、まもなく反対側の特快が停車していた。
どうやら、彼は、神田からなら、
      座れない
ので絶対座れる。
      東京
から乗ろうとしたのだ。私は、
      時間重視
だから間違いなく神田から乗っただろうが、彼は、
      座席重視
を考え、一度、東京に行ったのだ。
手配師   どうだ。座れて楽だろう?
私     はぁ。
彼は得意になっているようだ。
まあ、ここは彼に逆らっても仕方ない。私は、
      汚れた格好
から、隅に座り、手配師と少し離れたところにいた。
 電車は出発し、先ほどの神田に着くと、もう人でいっぱいで座るところもなくなった。ここは、
      彼が正解だろう
私は、疲れから、ウトウトしてしまった。
posted by 潜入者 at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潜入15 K組 3