2008年10月04日

潜入13 レポート1

 今回の潜入は再度S建設だ。
        2度目の潜入になる。
と言っても着くまでは
        ここと気づかなかったのだ。
 いつものように公園に行く。
別に
        潜入目的でなく、
秋葉にいくときに私の住んでいる某市から
        京成電車を使用すると
        終点が上野になる。
 当然、帰るときは上野が始発になるので
        特急を使用するときは
        必ず座れるからだ。
(注)特急料金は普通料金と同じ。
 電車だけで秋葉に行こうとすると
        日暮里の乗り換えを利用する
のだが最近の運動不足で
        少しでも歩いていかなければ
と思っているからだ。
 今回は、ただ金曜日仕事が終了(17時過ぎ)して秋葉に立ち寄り、その後
        上野から帰ろう
とした時である。
posted by 潜入者 at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潜入13 S建設 2

潜入13 レポート2

時間は見ていなかったが
        19時前くらいではないだろうか。
 公園に立ち寄ったが手配師らしき人は誰もいなかった。
やはりこの時間帯は
        いないのが普通
なのだろう。
 潜入目的で行く場合は、
        自己の作業服を持って行く
のだが、今回は職場からの帰り、
(注)金曜日は帰りに遊びに行くため職場の駅のコインロッカーに私服を入れているのだ。
なので
        ジーパン、ポロシャツ姿である。
 帰ろうとしたところ、下から白い作業服姿の男が現れたのだ。
男       仕事探しているのか?
私       はぁ。
男       うちにくるか?ちょうど帰るところだ。
私       はい。
 別に行く気はなかったのだが、この時間帯に
        あまり見たことない人物
とあったので行ってみることにした。
男       それでは、行こう。
男はもう一人紙袋を所持した
        45歳くらいの男性。(ホームレス風)
を連れてJR経由で寮に行く。
posted by 潜入者 at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潜入13 S建設 2

潜入13 レポート3

 東京にいる人間は知っていると思うがこの
        花金の夜はは混雑
しており、正直この手配師に付いて行くのが精一杯だった。
 あまり仕事の内容も聞けなかったので
        どこの人間かもわからなかったのだ。
到着したのは某駅。
もちろん、
        見覚えのある埼玉のある駅
だったが大きい事と、飯場等もたくさんあるので
        行ったことのあるところ
とは気づかなかった。(昔のことだし・・・)
 タクシーに乗せられ、男が
男       S建設まで
と言ったところで気がついたのだ。
タクシー内で男が私たちに話しかける。
要約すると
        15日契約
        日当8千円
        一日2500円引く
        作業服は貸与
とこのような内容だ。
 まあ、前に行ったけど
        日当が千円アップ
しているのは
        公園の協定(談合価格)からだろう。
posted by 潜入者 at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潜入13 S建設 2

2008年10月05日

潜入13 レポート4

 それにしてもここは最初の方に行ったことがあるだけで
        何年ぶりだろう。
手配師がおっさんから変わっていることはおっさんは
        辞めたのだろうか?
と思う反面、
        行ったことがあるところは
        向こうも覚えているかもしれない
と不安な面もあり、
        逃げ出したくなる。
 しかし、K組もそうだが
        一度くらい行っただけ
では正直、
        覚えていない
のが普通である。見たことがあっても
        向こうも言わないだろう。
(注)飯場の番頭であるたろうさん談
 10分位でS建設に着く。
        この詳細は前回を見て貰いたい。
入り口から食堂に行く間におっさんが
        事務室にいる。
正直、
        やばいなあ

        辞めていなかったんだ。
との感情が入り交じる。
posted by 潜入者 at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潜入13 S建設 2

潜入13 レポート5

男       まず、飯を食ってくれ。
私       はい。
もう一人の男とともに食事をする。
        食事は刺身だった。
        3種類の刺身
だったがパックに入っており、
これと、
        味噌汁、ご飯
での食事だ。
 飯場にしては
        豪勢だ。
との正直な感情だが、いつも
        こんなのではないこと
はよくわかっている。
 ちなみにもう一人の男だが
        今回の話にはあまり関係ない
ので記載しない。
 食事を取った後、いつもの書類を記入する。
もちろん、
        いつも偽名だが前にどんな偽名を
        使ったか覚えていない。
とりあえず、
        ありふれた名前と広島出身
としている。
posted by 潜入者 at 01:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | 潜入13 S建設 2