2008年09月21日

潜入12 レポート1

 これは、大阪編2のつづきである。ストーリーは
         19時頃大阪駅に向かうところ
で終了している。
 19時過ぎに大阪駅を出るといつものところに
         何人かの手配師らしき人物がいる。
正直この時間帯は多くの人が通行しており、
         私が職を求めている。
とすぐに判らない状況である。
私が
         作業服を着ている
もしくは、
         大きな荷物を持っていて、
         一見して田舎から出てきている。
と思われればすぐに
         声がかかるのは間違いない。
はずなのだが、
         一応、私は大阪より都会から来ている
ので普通の格好だとなかなか声がかからない。
 当然、それを予想していたので、
         あらかじめスポーツ新聞
を持っていたり、田舎者を偽装する為に
         周りをきょろきょろしている。
スポーツ新聞はもちろん
         求人欄を開いているのだ。
大阪駅1 大阪駅2
posted by 潜入者 at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潜入12 大阪編 3

潜入12 レポート2

スポーツ新聞も数多くあるが、労働者が好むのは
         スポニチ
である。
 これは、求人欄が普通のスポーツ新聞と比べても、
         2〜3倍の多さである。
とりあえず、手配師の周辺で
         新聞を開いて、声がかかるのを待つ。
 手配師は大抵、駅の
         出入り口を見ていて
それらしき人物が現れると
         我先に声をかけるのだ。
前にも記載したが、ここでは、
         一度断っても何度も声をかけてくる。
ここが大阪の人間の図太さなのだろう。
東京では
         無駄な事はやらない
が、ここでは、
         声をかけて来てくれたら儲け物。
と思っているのだ。(推測)
待っていても声がかからないので、
         喫煙所で求人欄
を広げて待っていたところ、
         一人の男が声をかけてきた。
大阪駅1 大阪駅2
posted by 潜入者 at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潜入12 大阪編 3

潜入12 レポート3

男       仕事探しているのか?
私       はい。なかなかなくて困っています。
と言ってみたところ、
男       ウチでやってみるか?
私       どのような仕事ですか?
男       建築だ。寮は××にある。
(場所を特定されないため記載しません)
私       お願いします。
        このまま(姿)行ってもいいのですか?
男       全部用意する。
私       お金がないので買い取りは
        出来ないのですが・・・
男       大丈夫だ。作業に必要なものは
        全部用意する。
        ただし、新品ではないぞ。
私       お願いします。
男       寮は残念ながら2人部屋になる。
        それでも良いか?
私       はい。
男       それでは、行こう。
男に付いていくとJRではなく、
        阪急電車で目的地に行くようだ。
(注)当然関西弁だった。正直、言った言葉をそのまま記載したいのだが、後から思い出すことが出来ないので標準語にする。大阪らしさがなくなるのが残念だ。
posted by 潜入者 at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潜入12 大阪編 3

潜入12 レポート4

 阪急梅田駅から目的地までは数駅だ。
私は、東京と違って大阪は地理的に不慣れなので
        結構不安だ。
手配師の人間性はどちらかというと
        大阪の方が面倒見がいい。
(何人かと触れただけなのでたまたまなのかもしれない)
        男は40代前半だろうか?
若い男も一緒に来ており、大阪駅の手配師にしては
        珍しく複数で手配している。
もしかすると、
        結構当たりなのかもしれない。
若い男も敬語を使っていたり、二人の話の内容から
        飯場の番頭
のイメージだ。
 男は電車内で説明を始める。
男       寮は、プレハブとかではなく、
        きちんとした建物である。
大阪でもプレハブのところは多いのだろうか?
確かに東京では
        2/3の飯場がプレハブだったな。
男       契約だがいつでも辞めていい。
        ただし、何日か前に言ってほしい。
まあ、当然だな。
大阪駅の手配師は、東京みたいに
        15日契約ではないらしい。
posted by 潜入者 at 01:11 | Comment(1) | TrackBack(0) | 潜入12 大阪編 3

2008年09月22日

潜入12 レポート5

ちなみに西成では
        10日がほとんどで中には
        5日とかもあった。(契約日数)
男       建物は2つあって古い方は6畳と4畳半に
        二人で入るので特に問題ない。
なかなか、良いところだな。
東京での噂だと個室といっても
        いいところ3畳くらいだ。
男       日当は8〜9千円だ。
        寮費を引いて5〜6千円くらいだ。
上野よりいいな。
        搾取率が大阪の方が少ないのか?
と話しているうちに目的地に着いた。
 ここからは車で行くようだ。迎えが来ている。
私としては
        脱出時の道程が判らないので
        歩いていった方がいいのだが・・・
ここは、良いところなので(手配師の話から)
        理由をつけて一日で辞める事にするか。
と思いつつ10分位で寮に着いた。
 着いたら、
        すぐに食事をするよう
に言われた。
 食事は賄いさんがいるらしく、
        メニューはトンカツだった。
posted by 潜入者 at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潜入12 大阪編 3