2008年06月29日

潜入3 レポート1

私        はぁ。判りました。
 私はイヤそうに了承の返事をすると、親方はそれがわかったのか、
親方       毎日仕事がしたいのだろう。心配するな。
         ワシに任せておけ。
 どうやら、親方が手配するのでピンハネが出来るのだろう。
昼間の仕事ではそこまでやる気を見せていなかったのは
         他の人の手配だからかな??
 私に悪いと思ってるのだろうか?気を遣っている。
親方       22時出発だ。風呂にでも入って
         ゆっくりしろ。
 親方の言葉で私たちは銭湯に向かう。親方は私に
         バスタオルと着替えを手渡した。
バスタオルはきちんと洗っており、不潔感はなかった。
         まだ購入して新しいのか?
着替えは
         緑色のハイネックと
         紺色のニッカズボンと上着。
ハイネックは洗濯はしているものの
         かなり着込んでいるようで色が
         かなり落ちている。
多少の油汚れが付いており、タバコの臭いがした。
         部屋で吸うので染みつくのだろう。
ニッカ等も着込んでおり、親方が大きいため
         ウェストが100位あった
がベルトを締めれば私でも穿くことが出来そうだ。
posted by 潜入者 at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潜入 3 大阪編 夜勤

潜入3 レポート2

 ズボンは2カ所くらい引っかけた破れがあるが
         中古の作業服
なのだからこんなものだろう。
それにしても一度は
         穿いてみたいと思っていたニッカズボン
を穿くことが出来るのでとりあえず
         後一日は頑張ってみようと決心した。
ちなみに上着は××興業と刺繍がある。
 親方が過去に働いたところなのか、人から貰ったのか分からないが
         サイズが親方
にあっている。
メーカーは有名な寅壱とかでなく聞いたことのないメーカーだった。
(大阪のメーカー?忘れてしまった。)
 下着は途中の100円ショップにて購入することにする。
 私は行く途中にコインランドリーがあったので
         自分の作業服を洗濯してから行こう
と思ったが
         着替えがめんどう
なのと
         捨てる予定
なので着替えずに行くことにした。
posted by 潜入者 at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潜入 3 大阪編 夜勤

潜入3 レポート3

 親方のサンダルを借り、親方の後を付いていく。
         親方は機嫌がいい。
         予定通り、私を手配できたからか。
それとも
         夕食の発泡酒が効いているのか
判らない。
         人柄なのか、
昨日の仕事前とは違い、
         いろいろ世話を焼いてくれる。(気を遣っている?)
しばらく歩くと銭湯に着いた。
 銭湯の名前は忘れたが、
         通天閣の近くだった。
もちろん
         親方がお金を出した
ので値段については不明だ。
         大阪なので安いのかな?
銭湯の感じは古そうに思うがここでは普通なのかもしれない。
 周りも肉体労働者の人間が何人かいるが、みんな、
         年齢層が高そうだ。
親方が着替え始めた。私も着替え始める。ここで驚いたのは周りにいた何人かが
         
をしていることだ。
posted by 潜入者 at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潜入 3 大阪編 夜勤

潜入3 レポート4

 私はビックリしてしばらく見入ってしまった。
         ここでは時代が違うのだろうか?
振り向いて親方を確認すると、ズボンの下は
         パッチと長袖のシャツ、パンツ
と普通のおっさん姿だったのでホッとした。
 部屋にパンツが干していたので予想はしていたが、
         大阪のおっさんはなのか
と勘違いしそうになった。たまたま、
         この人たちが穿いていただけなのだろう
私は急いで着替え、親方について入泉した。
 をしていた人間はホモのようだった。
         見えないところで変なことをしている
ようだ。
 親方はすぐに体を洗い、湯船につかる。私も急いでするが、
         親方はすぐに出てしまった。
私は体の疲れを取りたかったのでもっとゆっくり浸かりたかったが、
         あまり親方親方を待たしてはいけない
と思い出て行った。
 出ると親方はもう作業服に着替えていた。
posted by 潜入者 at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潜入 3 大阪編 夜勤

潜入3 レポート5

 親方は緑色の作業服だった。ズボンは
         八分という奴だろうか。下の部分が絞ってある。
最近の若い人間が履いているような長い奴ではなかった。
 私も急いで着替える。
         初めて履いたニッカ
だったが思ったより
         滑りがよく足が上がりやすい。
最初は格好だけのズボンだと思っていたが
         結構機能的
なのは驚いた。
 親方の部屋に帰り、時間を待つ。今日は
         生コンの打設
ということで長靴を履くらしい。
 私は長靴は持っていたので親方のを借りる必要がなかった。
私        今日はどのようなことをするのですか?
親方       生コンを打つ。ポンプ屋の手伝いだ。
私        あまり経験がないので分からないのですが
         生コンを運ぶのですか?
親方       やったことないのか。ポンプ車で生コンを
         送るのでその配管の撤去と片づけだ。
         今回は土工でなくポンプ屋の手伝いに
         なる。土工よりしんどいぞ。
posted by 潜入者 at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潜入 3 大阪編 夜勤