2008年06月22日

スコップ

ウィキペディアから
シャベルは英語では shovel で、日本語ではショベルとも表記される。漢字では円匙と書き、えんしと読む。スコップは本来同義語であるが、特に片手で扱う小型のシャベルを指す場合がある。方言でシャボロと呼ぶ地方もある。なお、スコップとはオランダ語の schop (schep) からきた語である。

通常、シャベルは柄と、柄の先端に取り付けられたスプーン状の幅広の刃からなる。刃と反対側には取っ手が付く場合が多い。使用する時は取っ手と柄の根本(刃のついている方)付近を両手で握って扱う。
suko.jpg
ネット価格、
         剣スコ(上側画像)約19000円
         角スコ(下側画像)約20000円

電工ドラム

 家庭用の延長コードと一緒で自身も電気器具だが単なる配線であるので理論上、電力消費はない。
巻き取り型
電工ドラムと呼ばれる。工事現場など屋外で用いることが多く電線の被覆も丸形で頑丈なもの(キャブタイヤケーブル)が多い。ただしこれらの被覆は熱に弱いため、使用時にはコードを全て引き出して使用しないと発熱により被覆が溶け、短絡、発火の恐れがある。
code.jpg
電線長/30m、電線太さ/直径2mm■重量/6.6kg■仕様/電線種別/VCT、心数/2、コンセント定格/2P・15A・125V、コンセント個数/4個 参考価格約5700円

ブルーシート 説明

ウィキペディアから
 元々は建築、土木工事一般の
         工事現場で用いていた資材の一つである。
 工事現場の周囲を囲って埃の飛散を防いだり、乾燥中のコンクリートが雨風に曝されないようにするため、建築中やリフォームなどでまだ屋根の防水が終わっていなかったり、部分的に屋根を剥がした建物の屋根代わりに、あるいは既に内装が済んでいる建物内で
床などを汚れから守るためなど、様々な用途に用いられている。
 このため、サイズはメートル法の単位ではなく
         一間(約1.8m)もしくは半間(約0.9m)単位
で規格されているものが多い。合成繊維を合成樹脂フィルムで挟んだ構造をしており、引っ張りに強く裂け難い。ロール状になったシートもあるが、汎用の製品では各辺が補強されており、更に製品によっては
         四隅に金属(アルミニウム)製の補強
が入った穴があけられているものも見られ、この穴に
         紐を通して結わえ付けたり、
あるいは金属棒の
         杭を打ち込んで地面に固定するなど、
様々な使い方がある。
画像

ブルーシート 画像

mono03403041-1.jpg
 
 厚手業務用ブルーシート3.6m×5.4m 1枚
 商品番号 i-0003-020
 メーカー希望小売価格 オープン価格
     価格     1,440円 (税込 1,512 円) 送料別
画像は普及用で業務用は倍くらい厚さがある。
ブルーシート説明

2008年06月25日

軍手(説明)

 軍手(ぐんて)は、手袋の一種。主に
         作業時の保護用に使用される。
メリヤス製のため伸縮性に富み、
         左右の区別がないのが特徴。
丈夫で安価であるので作業用手袋として広く用いられている。
         「軍手」は「軍用手袋」の略称
で、旧日本軍兵士が用いたことからそう呼ばれる。
 軍手は作業時に手の
         怪我の防止を意図して用いられること
が多いが、ドリル等回転部分のある道具で作業を行う場合には
         むしろ危険である。
 軍手で防げるのは切り傷・すり傷などの
         軽微な怪我に限られる
のに対して、軍手を着用した手は素手よりも
         回転部分に巻き込まれやすく、手指の喪失
などの重傷を負う危険性が高い。
 軽微な怪我を防止するために
         重傷の危険を増大させるのは不合理である。
とくに旋盤を使用する作業の場合には、
         指を巻き込まれかねないため
軍手着用は禁止されることが多い。(画像)
(ウィキペディアから抜粋)